スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペントハウス

コメディ王のエディ・マーフィとナイトミュージアムの主人公のベン・スティラーが出演している、と聞いたら誰もがハチャメチャな痛快コメディを想像するのでは?

何も考えずにお腹の底から笑わせていただきましょう、と意気込んで観てきました。


映画のタイトルであるペントハウスとは最上階のこと。そしてこの映画の原題は「Tower Heist」。
Towerは高層マンションを指し、Heistは強盗を意味します。

これでストーリーは何となく想像できてしまいますよね。

1280.jpg

結論から申しますと、大笑いを期待し、意気込んで観に行くのは控えた方がいいかもしれません。

随所に笑いが散りばめられているのですが、昔ほど2人とも面白くないのです。ストーリーもよくあるパターン。


「笑いの不完全燃焼」

と言えます。

ただ、FBIの女性捜査官クレア役のティア・レオーニの泥酔ぶりは魅力的でした♪

高層マンションの最上階が強盗の舞台となるので、高所恐怖症の方は映像を観ない方が良いです。
やはり高いところからの映像は怖いです。。。


安心してください。ここまで酷評しておけば、楽しく鑑賞できると思いますよ!
(要するに、笑いと期待のハードルを思いっきり下げてから観てくださいね、ということです)

映画「ペントハウス」の公式サイトはコチラ↓
(http://penthouse-movie.com/)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

The Opposite of Love(原題:Lo Contrario al Amor )

これも同じく飛行機の中で鑑賞した恋愛映画。

スペイン映画を観る機会は本当に少ないです。そして、スペイン語+英語字幕という超ハードルが高い状態で。。。


Merceという名前のセラピストの若い女性。エレベータ故障による閉じ込め救出、そして消防車との交通事故で、3人の消防士と出会う。
彼女はそれぞれの男性とデートを重ね、体を重ね、その中の1人の男・Raulと恋に落ちるのだが。。。

oppositeoflove.jpg

タイトルの言葉はマザーテレサの名言にも出てきます。

"The opposite of love isn't hate but indifference."

「愛情の反対は憎しみではなく無関心」というもの。


恋に落ちても、迷いや葛藤・裏切り・疑心暗鬼などが芽生えてくる。相手を信用できない。しつこく束縛する。
それらが繰り返されることで少しずつ嫌気がさし、そのうちに相手への関心が薄れ、挙句の果てには男に捨てられてしまう。
若い2人には常道のように訪れる危機です。

まぁ、何といっても激しいです、いろんな意味で。観ているこちらが照れてしまう位に。

消防士の3人は普段から鍛えているから、男から見ても惚れるぐらいの筋肉美。カッチカチです。

主演の女優さん(Adriana Ugarte)は、かなり可愛いレベルが高いです!
ただ、まずは男を味わってから品定めする、という具合なので。。。

下のURLにこの映画の紹介ページがありますが、トレイラーもありますので是非見てみてください♪

映画「The Opposite of Love」の紹介サイトはコチラ↓
(http://deaplanetainternational.com/en/the-opposite-of-love)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画感想
genre : 映画

Declaration of War(原題:La Guerre est declaree)

これも飛行機の中で鑑賞した映画。普段、フランス映画を観る機会はかなり少ないかも。
フランス語+英語字幕という状態で挑戦!

主人公はロメオとジュリエットという若い男女。出会うべくして出会った2人に赤ちゃんが生まれた。
育児によって自分の時間が無くなってしまう葛藤と乗り越えながらも、少しずつ子供を授かった喜びを感じ始める。

ただ、子供は深刻な病、脳腫瘍に侵されていた。。。
declaration-of-war.jpg


Declaration of Warとは宣戦布告。

子供の病気に真っ向から闘いを挑む若いパパとママ。病魔という不条理に立ち向かう勇気と覚悟。

絶望のどん底に突き落とされ、お互いに励まし合い、助け合いながら、子供の病気に一緒に立ち向かう。

泣くな、と言われても無理な作品。
大事な場面はセリフが少なく、効果的な映像と音楽で表現している。余計に、その不安や葛藤・苦悩を感じ取ることができるのかもしれない。

それにしても、よく煙草を吸う夫婦で。フランスはまだ喫煙率が高いのでしょうか?


日本で公開されているのかは調べきれませんでしたが、機会があれば是非に!


2011年度アカデミー賞外国語映画賞部門へフランスから出品された作品のようです。

uniFrance filmsサイトの中での「Declaration of War」の紹介ページはコチラ↓
(http://japan.unifrance.org/映画/31978/declaration-of-war#synopsis)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画感想
genre : 映画

1911

飛行機の中で観た映画、その3。
中国語+英語字幕、という状態でした。。。


去年は辛亥革命から100周年。
中国の民主化を夢みた孫文が起こした革命によって、皇帝政治に幕を下ろした。

その孫文の右腕である黄興をジャッキー・チェンが演じている。
1911.jpg


血で血を洗う革命が何故必要だったのか?
イギリスを始めとするヨーロッパの列強諸国に対して、アジアの中で中国はどう立ち向かっていこうとしていたのか?

戦闘シーンは多いものの、辛亥革命そのものの意義が上手く伝わってこないのが残念。
ジャッキーらしいカンフーによる戦いは1箇所のみ。


皇帝支配下にいれば民主化は正しい道のように見えるが、結局利権を手に入れた者たちは腐っていくのが政治の運命。
歴史は繰り返される。

政治家の皆さんには、国家・国民の繁栄と安寧を願う理想をいつまでも持ち続けていただきたいものである。

映画「1911」の公式サイトはコチラ↓
(http://www.1911-movie.jp/)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画感想
genre : 映画

MONEYBALL(マネーボール)

この作品も米国出張へ行く時の飛行機の中で鑑賞。


弱小貧乏球団アスレチックスのGMであるビリーが、数字とデータ分析に強いイェール大学経済学部卒のピーターと共に、常識破りの理論でチームを勝利に導いていく。。。
moneyball_wp_03_standard.jpg


野球が好きな人は見ていて面白いが、野球を知らない人だと、おそらくさっぱり理解できない内容。
ブラッド・ピットの格好良さだけ楽しむしかない。


金持ち球団であるヤンキースやレッドソックスはトレードで大金を払って有能な選手達を集めることができる。
しかし、ビリーのチームには資金がないので、創意工夫し意外な選手起用や作戦を実行していく。
実話に基づくストーリーだけに勝利を重ねていく爽快感はあるが、まぁ野球好き向けの映画です。

野球好きな人にはオススメ♪

映画「マネーボール」の公式サイト(日本語)はコチラ↓
(http://www.moneyball.jp/)

映画「MONEYBALL」の公式サイト(英語)はコチラ↓
(http://www.moneyball-movie.com/)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画感想
genre : 映画

REAL STEEL(リアル・スティール)

先週、米国出張に行く飛行機の中で観た映画。言葉に慣れるため、英語+英語字幕で鑑賞。


最近のロボット系映画は当たりが多いですが、これもその一つ。とにかく面白い♪
rs-wp-640-006.jpg


近未来のロボットによるロッキーって感じ。老いぼれたボクサーが最強の敵に立ち向かう。
ダメ親父と天才少年。ありふれたストーリーだけど、ロボットの動きが妙にリアルで、Boxing Fightは手に汗握ってしまう。

ロボットの改良プログラミングをしてしまう天才少年・マックスを演じたダコタ・ゴヨ君が最高に可愛い。これからきっと活躍するでしょうね。

旧型ロボットであるATOMも日本製ロボットであるNOISY BOYもカッコいい!
本当に1台買いたくなってしまう。

その内に、このような世の中は本当に来るのだろうか。
これだけ高性能なロボットを人智を超えた効率的な生産活動に役立てる訳ではなく、ただ単に格闘技に使ってしまう無駄さがいかにもリアルである。

古代から続いている勝負や賭けは、人間の本能なのでしょうね。

まだ観ていない方は是非♪
rs-wp-640-010.jpg


映画「リアル・スティール」の公式サイト(日本語)はコチラ↓
(http://disney-studio.jp/movies/realsteel/)

映画「REAL STEEL」の公式サイト(英語)はコチラ↓
(http://steelgetsreal.com/)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画感想
genre : 映画

ブラック・スワン

いやー、圧巻でした。凄い作品です。

5/20に放映されたTV朝日の「お願い!ランキング」番組で、1位になっていたので早速観てみました。

ブラック・スワン

主役のバレエダンサーを演じるナタリー・ポートマンのぞくぞくっとする怖さと、圧倒的な美しさ。素晴らしいです。
フェチ的に言うと、背中の肩甲骨から肩にかけてのラインと筋肉に萌えます。

惚れてまうやろ~、って感じです。

今までバレエは全く興味がありませんでしたが、こんなに魅了されるものだとは思いませんでした。
最後のバレエ「白鳥の湖」のシーンは大興奮。黒鳥の羽ばたきが本物のように見えてきます。

過去の花形バレリーナをウィノナ・ライダーが演じます。
「グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー」「悲しみよさようなら」「シザーハンズ」の頃に、憧れていた女優さんです。まさに、我が青春、って感じなのですが、彼女も私も年をとったようです。

今は、妖しく廃れた役を演じるとピカイチかも。これからも、美しい大人の女性になって欲しいです。。。


バレエはもちろん女性の表情や肌や汗。柔らかさや負けん気の強さ。加えて、直接的な恐怖ではない心理的な怖さ。

特に男性にオススメの作品です♪

映画「ブラック・スワン」の公式サイトはコチラ↓
(http://movies2.foxjapan.com/blackswan/)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

ロビン・フッド

ラッセル・クロウ主演の話題の映画♪飛行機の中で先に観ちゃいました!

フランスに攻め込まれたイングランドの救世主・ロビンフッド。
彼の運命は。。。
ロビン・フッド


弓の達人として有名ですよね。でも彼の戦闘シーンで使う武器は剣や斧がメインでした。その分、敵との距離感が近いので迫力のある戦闘シーンになっています。

何といっても、ラッセル・クロウの渋さが光っています。年齢は知りませんが、結構な年齢なのにあの肉体。やっぱり鍛えないとダメですかね?

ところで、実はあまりロビン・フッドの物語を正確に覚えていないのです。。。(泣)
今回、映画を観て改め「なるほど~。」と納得。彼は十字軍の兵士だったのですね。
今度ロビン・フッドの物語を読んでみようと思いました。

12/10(金)日本公開です。待ち遠しいですね~♪

映画「ロビン・フッド」の公式サイトはコチラ↓
(http://robinhood-movie.jp/)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画感想
genre : 映画

ベスト・キッド

約20年前の映画・ベスト・キッドのリメイク版。前作では空手でしたが、今作ではカンフー。
ストーリーは前作を踏襲しているので、強いいじめっ子を倒すのが基本ですが、随所で面白さが増し、中国の壮大な風景も良い感じ。
ベスト・キッド

主人公のドレ・パーカー(ジェイデン・スミス)は母親の仕事の都合で中国に移住するのだが現地の中国人達にイジメられてしまう。アパートの管理人ハン(ジャッキー・チェン)が偶然助けるのだが、そのハンはカンフーの達人だった。。。


何よりも素晴らしいのはウィル・スミスの実子であるジェイデンの名演技。彼は天賦の才能があるのでしょうね。観ている人を惹きつけます。そして、幼少の頃から続けている空手のおかげか、運動神経や体つきも素晴らしいです。これから将来が楽しみな俳優さんです。
彼が悲しい顔して戦う姿は、ブルース・リーと一瞬重なりました。

そしてジャッキー。年を取りましたね。ジェイデンに教える姿はジャッキー自身の昔の姿を思い出させてくれます。酔拳とか面白かったなぁ~。

カンフー俳優の新旧交代を感じさせる作品。
魅力溢れる若い力を十分楽しめますよ!カンフー好きなら必見です!!

「ベスト・キッド」の公式サイトはコチラ↓
(http://www.bestkid.jp/)

↓前作はDVDでどうぞ♪ このシリーズは4作目まであるのをご存知でしたか?


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

幼い頃「特攻野郎Aチーム」のドラマが大好きで大好きで。。。(笑)
ハンニバル、フェイスマン、クレイジーモンキー、コングの4人の米特殊部隊。ど派手な爆破シーンやカーチェイス、空中戦、心理戦は毎回楽しみに観ていた記憶があります。
彼らは自分達の無実を証明するために戦い続けていて、また残虐な殺りくをしない点も好きでした。
フェイス

今回の映画ももちろん迫力満点の銃撃戦や爆破シーンが満載。自動小銃ってあんなに当たらないものか、ってツッコミを入れたくなってしまいますが、それもご愛敬。Aチームは真実を証明するためにいつでも戦うのです!

あれあれ???クレイジーモンキーやコングに似た役柄の人は出ているけど2人がいない。。。
名前が「マードック」と「B.A.バラカス」になっています。不思議に思っていたら、クレイジーモンキーやコングは日本版でのみ付けられた名前のようで原作ではマードックとB.A.バラカスだったようです。
(俳優ミスターT好きの私としては、コングの愛称の方がしっくりくるのですが。。。)

いや~、楽しかったなぁ。久しぶりにワクワクしました♪

ハチャメチャな戦闘が好きな人にはオススメの映画ですね!

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」の公式サイトはコチラ↓
(http://movies.foxjapan.com/ateam/)
Aチーム

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。