スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハゲタカ

非常に見応えのある作品でした。今の日本経済に警鐘を鳴らしています。
中国の台頭、派遣問題、格差社会、世界同時不況、など興味ある人にとっては真剣に考えてしまう問題が多い。

劉一華(玉山鉄二)が「日本は生ぬるい地獄だ」と言っていましたが、ある意味当たっているかもしれません。今のような生ぬるい環境にいると、周囲の変化や危機に鈍感になり、いつの間にか日本は世界から取り残されていく、、、という不安がよぎります。

本心で「夢や希望を語れるリーダー」が必要ですね。

主人公の鷲津(大森南朋)は渋い。あの細い目。私の知り合いにソックリです!
アカマ自動車の古谷社長(遠藤憲一)は、いるいるって感じの経営者っぷりでした。本当はその器じゃないのに、経営者になってしまった系ですね。この人の演技は好きです。「クライマーズ・ハイ」でも抜群の名脇役でした。
劉一華(玉山鉄二)のファッションは格好いいですね。
小説を読んだ時にイメージしていた飯島頭取にピッタリの中尾彬が演技していました。あまりにもハマり過ぎていて、笑ってしまいました。v(.^ ^)v

ちなみに、全体の演技は、、、あまり気になさらずに、ストーリーを楽しんだ方が良いです。

「ハゲタカ」オフィシャルサイトへのリンク
(http://www.hagetaka-movie.jp/index.html)

私はNHKのドラマを観ていなかったのですが、本は読んでいました。どんどんページが進み次の展開が気になる小説です。映画のストーリーは小説と異なりますが、鷲津の生き方を知ることができます。
まずは「ハゲタカ・上」をオススメします。

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<06 | 2009/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。