スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Film Bar Wunder

以前ブログで見かけて、一度行ってみたかったお店。
先週、大阪出張のついでに寄ってきました!

場所は心斎橋5番出口から長堀橋の方にまっすぐ向かった所。街も少し落ち着いた雰囲気のところです。

「Film Bar」というぐらいですから、もちろん映画がテーマになっている店づくりで、天吊りのプロジェクタで上映することもあるようです。


ところが、、、

残念ながらプロジェクタが修理中でした。。。(泣)
まぁ、泣きたいのはマスターの方かもしれませんね。かなり修理代が高そう。。。


私はそれほど詳しくないですが、映画が好きです。
高校時代、地元長野では「ゴースト」と「プリティー・ウーマン」が同時上映でやっていて、何度も授業を抜け出して観に行った記憶があります。
今では、レイト・ショーを一人で観に行くのが、癒しの時間だったり。。。

もちろん、マスターもそこに来ているお客さんもかなり映画に詳しそう。映画関係のお仕事の方もいるようです。
でも、ちゃんと私のレベルに合わせた話題を提供していただきました。(笑)


何故か話題はローカルCMにシフト。。。

大阪では「パルナス」という洋菓子屋さんのCMが有名だったとのこと。マスターがYouTubeで見せてくれました!



何とも言えない悲しいメロディー。
この赤ちゃん、すくすく育ったのでしょうか。パルナスさんも潰れてしまったようで。。。


長野の名CMと言えば「アスカ住研」! 長野県民なら絶対に口ずさんでしまいますよ!


ということで、楽しいお時間と美味しいお酒をいただくことができました。ごす

大阪に行く時は必ず立ち寄りますので、またよろしくお願いします!


「Film Bar Wunder」のマスターのブログはコチラ↓
(http://lincoln14th.blog25.fc2.com/)



関連ランキング:バー | 長堀橋駅心斎橋駅松屋町駅









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ
スポンサーサイト

theme : 関西の美味しいお店
genre : グルメ

コミュニケーション ~話し方編~

先日ご紹介した、小学校の教室に掲示されているコミュニケーションの方法「聞き方編」
今回は「話し方」を紹介します!こちらも、よくできている。。。

<話すやくそく>(恐らく低学年向け)
「か」んたんに
「き」こえる声で
「く」ちを大きくあけて
「け」っしていそがず
「こ」とばづかいに気をつけて

<話し方>(恐らく高学年向け)
※伝えたいことをはっきりと
※順序よく最後まで


いかがでしょうか?凄く分かり易いですよね!?

「聞くやくそく」と「話すやくそく」。これらができれば、コミュニケーションの問題なんて一気に解消しそうです。

<聞くやくそく>(復習です!)
「あ」いての目を見て
「い」っしょうけんめい
「う」なずきながら
「え」がおで
「お」わりまで

今どきの小学生は、人権教育の一環としてこういうことも習っているので、将来コミュニケーションが上手にできて多様性を受け入れ易いかもしれませんね。

学校教育もなかなか充実しているようです。でも、どうして大人になるとできなくなるのだろうか。


ちなみに、ウチの息子(中3)の場合、
「か」みの毛のセットに時間をかけ
「き」まるまで、ブラシで直し
「く」ちぶえを吹きながら
「け」しょう水もお肌につけて
「こ」い、しているのかな~?

目指す高校に合格したいなら、もう少し勉強も頑張らないとね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 対人コミュニケーション
genre : ビジネス

コミュニケーション ~聞き方編~

人や組織の問題は、やはりコミュニケーションの問題が一番多いのではないでしょうか。

先日、小学校のPTAのお手伝いに行った際に配布された資料に、教室に掲示されているものを見つけました。
これが、まぁズバり的を射ている訳で。。。小学生向けと侮れません。今の大人たちに必要なものかもしれませんね。

<聞くやくそく>(恐らく低学年向け)
「あ」いての目を見て
「い」っしょうけんめい
「う」なずきながら
「え」がおで
「お」わりまで

<聞き方>(恐らく高学年向け)
※相手の気持ちを考えて
※自分と比べながら


私が小学生の頃は、よく「ちゃんと聞きなさい」と叱られました。
この「ちゃんと」とか「きちんと」っていう言葉は、意外に曖昧なので具体的にどう聞いたら良いのか分からなかった記憶があります。

でも、この「あいうえお」の聞く約束。かなり具体的な行動規範として落とし込まれているので、子供達にも理解し易いのでしょう。
国会中継を見ても、、、できていないですね。会社でも、このような聞き方ができている人を殆ど見たことがありません。

話し方編は次回の記事で♪


ちなみに、ウチの娘の場合は、、、
「あ」さはいつもご機嫌ナナメで
「い」ってらっしゃい、も小さな声だけど
「う」ちに帰ると
「え」がおで
「お」みやげをねだる。。。(泣)

甘いものを食べすぎると、太るぞぉ!v(^ ^)v

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 対人コミュニケーション
genre : ビジネス

『朝日のようにさわやかに』(恩田陸著 新潮文庫)

「六番目の小夜子」や「夜のピクニック」で有名な著者。
この本は、少し奇妙で、少し怖くて、少し不思議で、少しミステリーっぽくて、、、一言では言い表せられない14の短編集。


冒頭の短編を一つだけ紹介。

「水晶の夜、翡翠の朝」

陸の孤島と呼ばれる全寮制の学校に通う15歳のヨハン。彼はヨーロッパを牛耳るユーロ・マフィアの帝王の息子である。
そこに転校してきた2歳年下の喘息持ちのジェイ。校内で連続して起こる不可解な事故。ヨハンの命も危険に晒されてしまう。。。


これは学園ミステリー系。
向かってくる敵は徹底的に排除する。その明晰な頭脳と冷酷さ。
ヨハンの将来を彷彿させる結末。やはり彼は闇の帝王の息子であった。

恩田さんの不思議な世界が好きな方には是非オススメです。



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

Players First ハンドブック

既に、ご覧になったことがある方も多いかもしれません。

日本サッカー協会(JFA)が発行している本「Players Firstハンドブック」。
このハンドブックはJFAのホームページからダウンロード可能です。

その中でも、サッカー少年少女を見守る親御さんに、特に読んでいただきたい部分を紹介します。


これ、マジで泣けます。。。


<Fユース(U-9)の子どもからパパへの手紙> スイスFA こども向け絵本の前書き

 パパ、パパがこないだピッチの外に置いてあったゴールによじ登ってレフェリーに文句を言ったでしょ。あの時、僕はすごく頭にきて泣きそうになったんだ。あんな怒り方、今まで見たことなかったよ。たぶん、レフェリーが間違ったんだとは思う。でも、僕がたとえパパの言うように「レフェリーのせいで」試合に負けたんだとしても、そんなことはどうでもよくて、僕はとっても楽しかったんだ。
 わかってほしいんだ、パパ。僕はプレーしたい、それだけなんだよ。僕は楽しみたいんだ。だから、僕がプレーをしているときには、「パスしろ!」とか「シュートだ!」とか、叫び続けるのはやめて。パパの言うことはあっているのかもしれないけど、僕が緊張してしまうんだ。
 パパ、もう一つあるんだ。試合中にコーチが僕のことを交代させても、怒らないで。僕は、ベンチにすわってみんながプレーしているのを見るのだって楽しいんだよ。僕らは大勢いるし、みんながプレーしなきゃだめでしょ。それから、僕にサッカーシューズをきれいにするやりかたを教えてくれる?僕のなんだからパパがやってくれなくていいんだ。僕が自分でできるようにならなきゃいけないんだよ。それからスポーツバッグは僕が自分で持ちたいんだ。バッグにはチームの名前が書いてあるから、僕がサッカー選手だってまわりのみんながわかるだろ?僕、それが好きなんだ。
 パパ、お願い。試合の後にママに「今日は勝った」とか「負けた」とかって話すのはやめて。ママには僕がとっても楽しんでいたって伝えてほしいんだ。それから、僕がすごいシュートを決めたから勝った、って言うのもやめてね。だって、そうじゃないんだもの。僕がシュートを決めたのは、仲間が僕に良いパスをくれたからなんだよ。勝ったのは、僕らのチームのゴールキーパーが必死に相手のシュートを防いでくれて、チームの仲間が全員でせいいっぱいがんばったからなんだ。(コーチが僕らにそう教えてく
れるんだ)
 怒らないでね、パパ。こんなことを書いてしまったけど。僕、パパが大好きなんだ。練習に遅れてしまうので、これでおしまいにするね。練習に遅刻すると、今度の試合にはじめから出してもらえないんだよ。

じゃあね。


日本サッカー協会の「Players Firstハンドブック」がダウンロードできるサイトはコチラ↓
(http://www.jfa.or.jp/training/otona/index.html)

周囲の大人の方が子供なのかもしれません。
勝ち負けだけにこだわらず、暖かく見守ってあげること、そして楽しんでいる姿を認めてあげること、が本当の「親」の役目なのかもしれません。

育成年代の子供を抱える親御さんに。。。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 少年サッカー
genre : スポーツ

151/98

「えっ!?」

そんなはずはないでしょう。だって、今朝別の病院で測定したら130/90ぐらいだったし。。。

先日会社の健康診断に行った時の話。そこのクリニックは儲かっているのか、綺麗な看護師さん達が沢山います。
男性としてはウキウキ楽しい健康診断となるはずだったのですが、、、

検査項目にはもちろん血圧測定もありますね。綺麗な看護師さんに先導されて、自動血圧測定器の前に座ります。

「スタートしていいですか?」

「はい!(汗)」

ブーーーーン。プシューーーー。横で看護師さんが見つめています。

「えっ!?(汗汗)」

「ちょっと高いですね。いつもはどのぐらいですか?」

「だいたい130/90ぐらいですし、今朝別の病院で測った時もそれぐらいでしたけど。。。」

「でしたら、手動で測定して貰いましょうね。相性があるかもしれないですし。」

「ぜひ。」

綺麗な看護師さんに連れられて、再び血液検査のために採血した部屋へ。。。

そこにいたのは超ベテランの看護師さん。

「はい、じゃぁ測りますよ。」

シュポ。シュポ。シュポ。シュポ。シュポ。シュポ。シュポ。
プシューーーー。

「130/88ですね。」

「(下がって)良かった~♪」

130/88でもちょっと高めなのですが、この数値で5年ぐらい安定しているので、私的には大きな変化がなければ良いのです。


何で下がったのかって?

そんな野暮なことは聞いてくださんな。

バカだね~、男って。。。あっ、私だけか!?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

『楊令伝 三 盤紆の章』(北方謙三著 集英社文庫)

北で起きている燕雲十六州を巡る金国・遼・宋の争い。南で起きている方臘が率いる宗教争乱。
絶対的な強さを持つ宋の禁軍は、南北に分かれ対応しなければならない。
そして、梁山泊軍。彼らの活動も少しずつ表面化してきた。。。


腐りきった世の中を立て直すため、崇高な理想を掲げ「替天行動」の旗の下で立ち上がった梁山泊。
一度は宋に倒された梁山泊が少しずつ力を蓄え、反撃の機会を伺っていた。この巻では、その反撃が国全体で動き始める。

禁軍の総帥・童貫の下で、有望な若手である岳飛の成長が著しい。この先、南方の叛乱での活躍が期待できる。

梁山泊が描いているように、宋・禁軍を分断し体力を消耗させることができるのか?
軍隊はギリギリの戦いを重ねることで調練では得られない成長を遂げることがある。禁軍に多くの実戦をさせることが逆に禁軍の戦闘力を高める結果にならないのか。

続きが非常に楽しみである。

未読の方は、まずは水滸伝から読み始めることをオススメします。

集英社文庫「北方謙三 水滸伝×楊令伝」の公式サイトはコチラ↓
(http://www.shueisha.co.jp/suiko-yourei/)



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

医学博士 藤井輝明先生 講演会

最近、「陽」のオーラの凄い人に出会うことが多いので、パワーを貰いっぱなしです。

金曜日は小学校のPTA役員のお手伝いで、人権教育研究発表会に参加してきました。
(雨の中の駐車場整理でしたが、終了後に藤井先生の講演会を聴講することができました。)

藤井先生をご存じの方も多いかもしれません。

2歳の時に発症した「海綿状血管腫」で、顔面の右半分が赤く膨れ上がっています。いじめ、差別、偏見、などとても大きな心の傷を背負って幼少時代を過ごされたようです。
乗り越えられたのは素晴らしいご両親の愛情があったのでしょう。病気の原因を追及すべく100件以上の病院へ連れて行きました。この病気は、血管壁にできた良性腫瘍なので伝染しません。
そして、町内の1軒1軒の家を回って、他人に伝染しない病気であることを十分に説明し、そして願わくば少年・輝明氏を励ましてくれるように頼み込んだとのこと。

先生はご両親に深く深く感謝しておられるようでした。

一方、先生と同じ病気を抱えている人は、もっと不幸な現実に直面していることが多いそうです。親からも見放され、突き放されてしまう。「こんな顔の子は私の子じゃない」と。
ひどい親だ、と言い切れますか?それを全身全霊で受け止められますか?違う病気や障害だったらどうですか?

先生は悩みました。同じ病気でも何が違って、死ぬほど辛い人生になってしまったのかと。

そして「正しい知識」が必要だと結論を出しました。

病気やその対処法に関する知識はもちろん、人間としての尊厳や人権、いじめや差別、そして多様性。そういう知識が親にも周囲の人達にも必要であると。
噂やデマに惑わされず、正しい知識を吸収して判断し、思いやるのあるコミュニケーションが取れる人を育てたい。

そんな思いから、全国各地を飛び回り、ご自身の体験談を子供たちにそして親や教師そして地域の人達に伝えているそうです。


さて、そんな先生の話の中で、最近よく聞くフレーズも耳にしました。

「過去と他人は変えられない。自分と未来は変えることができる。」
「他人と比べない。自分の価値や個性をしっかり見つめて、自分自身に誇りと自信をもって生きていこう。」

20歳くらいまで、周囲の人からジロジロ見られた時、睨み返していたようです。軽蔑のまなざしに対する反抗的な視線。お互いに嫌な感情が芽生えていく、負の連鎖・悪循環だったようです。

きっかけは友人の言葉。「笑顔がキュートだから、いつもにこにこ笑っていたほうがいいよ。」と。

それからは、目が合った時にはにこっと笑うようにしたそうです。もちろん、目を逸らしてしまう人もいますが、笑顔で応えてくれる人が沢山いたことに気づきます。
他人を拒絶するように自分で作っていた心の壁を、自らとっぱらったのです。


どの話も真実であり、重く辛いのです。涙なしには聴けません。
ただ、先生はお話し好きでとても陽気。チャームポイントの笑顔で周囲をパッと明るくさせるオーラがありました。
貴重なお話、本当にありがとうございました。

何冊か本も出されているようなので、興味があれば是非!

「タッチ先生 藤井輝明」氏の公式サイトはコチラ↓
(http://www.fujiiteruaki.jp/)

藤井輝明先生が所長を務める「保健科学研究所」の公式サイトはコチラ↓
(http://www.hokenkagaku.com/)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

イージープランツ EG:Plants

私も妻もかなりの面倒くさがり屋なので、植物の手入れをするマメさがなく、よく枯らしていました。

なので家を購入した後も室内には殆ど植物がありません。でも風水的にも緑があった方がいいらしいですね。

そこで、雑貨屋さんで見つけた観葉植物がコチラ。
イージープランツ イエロー

2重の容器になっていて、外側の容器に水を入れておくだけで、水を吸い上げて勝手に給水してくれるのです!
しかも、3つの窓がついているので、水の残量も一目で確認できます。

これ、めちゃくちゃ便利です。本当に気が向いた時に水を足していれば、勝手に育ってくれます。


何故に黄色!?

もちろん、西に黄色を置くことで、お金が貯まるように。。。♪

ちなみに、年末ジャンボは11月24日(木)発売開始のようです!そろそろ当たってくれないとね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : インテリア雑貨
genre : ライフ

RESPECT「大切に思うこと」

先日参加した小倉広さんの第2回メルマガ読者会。
そこでも話題となったのが、相手をリスペクトすること。

中学の時にRespectの意味は「尊敬する」とか「尊重する」と習った記憶があります。
もちろん間違いないでしょうが、こういう場で使うリスペクトの意味としてはしっくり来ていませんでした。
(尊敬って何か違う気がする。。。)


そういえば、サッカーの世界ではRESPECTの精神が広まっていることを思い出しました。

リスペクトとは「大切に思うこと」と定義されています。
Respect.gif

対戦相手の選手だけではなく、試合を進行するレフリー、試合を運営する主催者、コーチや応援してくれる家族や仲間、大好きなサッカーに使う用具や場所、大好きなサッカーができる機会、すべてを「大切に思うこと」なのです。

↓このサイトにある「大切に思うこと」に、非常に分かり易い説明がありますので、皆さんにも是非ご覧いただきたいです。
(http://respectfc.jp/report/heart/)

これをそのまま仕事に置き換えればいいだけ。

お客様だけではなく、上司や会社・取引先、同僚や家族や部下、仕事で使う道具やその仕事をできるチャンス、すべてを大切に思うことなのでしょう。


忘れがちなこと。でも大切にしたいこと。

後は実践するだけっ!


日本サッカー協会の公式サイトはコチラ↓
(http://www.jfa.or.jp/)

リスペクトF.C.ジャパンの公式サイトはコチラ↓
(http://www.respectfc.jp/)

小倉広さんが代表取締役社長を務める株式会社フェイスホールディングスの公式サイトはコチラ↓
(http://www.faith-h.net/)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 日記
genre : 日記

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<10 | 2011/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。