スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0%の可能性

先日参加した勉強会で、株式会社ペイフォワードの代表である橋本博司さんのお話を聴く機会がありました。

同社のグループ法人であるNPO法人HEROの代表も務めており、発展途上国の子供達に、学ぶ機会を提供するための学校を建設するプロジェクトをしています。
banner_hero.jpg


学生時代はバックパッカーだった橋本さん。世界各国を旅していました。
カンボジアに行った時、現地の子供達が近寄ってきました。そして橋本さんにねだります。

「勉強を教えて欲しい」と。

どうやら旅行者を捕まえては勉強の教えを請う、というのを繰り返していたようです。


何故なら、子供達は喋ることはできるが、読み書きができない。

橋本さんは子供達に聞きました。どうして勉強したいの?何か夢があるの?と。

「お医者さんになりたい」
「学校の先生になりたい」

内戦でたくさんの人が死傷していました。学校の先生も殺されていたようです。

そこで橋本さんは気づいてしまったのです。

「ここにいる子供達がどんなに将来の夢を見ても、実現する可能性は0%ではないだろうか。」
「何故なら、そこには学校がなく学びの機会すらない。文字の読み書きができなければ夢は実現できない。」


学生時代に、旅先で直面した世界の貧困地域における悲しいほどの現実。

一念発起した橋本さんは自身が40歳になるまでに、カンボジアに学校を建設するという壮大な夢を描き、それを実現してきました。
まだ30代前半ですが、既に2校の建設が完了し3校目を建設中とのこと。凄い行動力ですね!


私は「0%の可能性」にかなりショックを受けました。どんなに願っても絶対に叶わない、という冷酷な0%。


一方、お金の話では、200万円集まると200人が在校できる学校を建てられるそうです。300万円だと300人規模の学校。
ざっくり、1人1万円の計算になります。そして、その学校を次の子供達が使うことで、さらに多くの学びの場を提供できます。

今までは賛同してくれる企業からの寄付をメインに活動していたそうですが、個人からの支援も募集し始めたようです。

今、HEROさんではワンコインプロジェクトというのをやっていて、1口500円からの出資を募っています。寄付ではなく、出資者となるようです。詳しくは下にあるリンクから彼らのHPを見て下さい。

1万円だとちょっと、、、とか、そうは言っても騙されたらどうするの、、、とか、寄付や募金に抵抗感のある方が多いかもしれません。

でも、たったの500円です。

それが20人集まれば、1人が学校に行けます。素晴らしいことじゃないですか?


この話を家族にもしてみました。真剣な表情で聴いてくれました。
子供達にとっては、遠い国の、実感の沸かない、他人の話です。しかし、0%の可能性には同様にショックを受けていたようです。

もちろん、強制はしません。もしよかったら今年貰ったお年玉の中からほんの少しだけ出資してみる?と。

みんな、快くOKをしてくれました♪ 明日、コンビニに支払いに行きます。


私の文章では、上手く伝わらないかもしれません。でも、少しでも共感してくれる人がいるなら、と思い記事にしました。


ちなみに、念のため記載しておきますが、文中に登場する会社・法人とは個人的に一切利害関係がありません。

「NPO法人HERO」はコチラ↓
(http://www.npo-hero.org/)

Hero Projectブログでの「One Coin Project」の紹介ページはコチラ↓
(http://ameblo.jp/hero-project/entry-11139898786.html)

「HERO×AIESEC 学校建設ワンコインプロジェクト 」で出資(500円)する方はコチラに申し込みがありますよ↓
(http://peatix.com/event/2525?sid=ee292833c4cd31130d04ebdea8b8fcc7cf091245)
最大で6口まで申し込めるようです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ
スポンサーサイト

theme : カンボジア
genre : 海外情報

The Opposite of Love(原題:Lo Contrario al Amor )

これも同じく飛行機の中で鑑賞した恋愛映画。

スペイン映画を観る機会は本当に少ないです。そして、スペイン語+英語字幕という超ハードルが高い状態で。。。


Merceという名前のセラピストの若い女性。エレベータ故障による閉じ込め救出、そして消防車との交通事故で、3人の消防士と出会う。
彼女はそれぞれの男性とデートを重ね、体を重ね、その中の1人の男・Raulと恋に落ちるのだが。。。

oppositeoflove.jpg

タイトルの言葉はマザーテレサの名言にも出てきます。

"The opposite of love isn't hate but indifference."

「愛情の反対は憎しみではなく無関心」というもの。


恋に落ちても、迷いや葛藤・裏切り・疑心暗鬼などが芽生えてくる。相手を信用できない。しつこく束縛する。
それらが繰り返されることで少しずつ嫌気がさし、そのうちに相手への関心が薄れ、挙句の果てには男に捨てられてしまう。
若い2人には常道のように訪れる危機です。

まぁ、何といっても激しいです、いろんな意味で。観ているこちらが照れてしまう位に。

消防士の3人は普段から鍛えているから、男から見ても惚れるぐらいの筋肉美。カッチカチです。

主演の女優さん(Adriana Ugarte)は、かなり可愛いレベルが高いです!
ただ、まずは男を味わってから品定めする、という具合なので。。。

下のURLにこの映画の紹介ページがありますが、トレイラーもありますので是非見てみてください♪

映画「The Opposite of Love」の紹介サイトはコチラ↓
(http://deaplanetainternational.com/en/the-opposite-of-love)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画感想
genre : 映画

Declaration of War(原題:La Guerre est declaree)

これも飛行機の中で鑑賞した映画。普段、フランス映画を観る機会はかなり少ないかも。
フランス語+英語字幕という状態で挑戦!

主人公はロメオとジュリエットという若い男女。出会うべくして出会った2人に赤ちゃんが生まれた。
育児によって自分の時間が無くなってしまう葛藤と乗り越えながらも、少しずつ子供を授かった喜びを感じ始める。

ただ、子供は深刻な病、脳腫瘍に侵されていた。。。
declaration-of-war.jpg


Declaration of Warとは宣戦布告。

子供の病気に真っ向から闘いを挑む若いパパとママ。病魔という不条理に立ち向かう勇気と覚悟。

絶望のどん底に突き落とされ、お互いに励まし合い、助け合いながら、子供の病気に一緒に立ち向かう。

泣くな、と言われても無理な作品。
大事な場面はセリフが少なく、効果的な映像と音楽で表現している。余計に、その不安や葛藤・苦悩を感じ取ることができるのかもしれない。

それにしても、よく煙草を吸う夫婦で。フランスはまだ喫煙率が高いのでしょうか?


日本で公開されているのかは調べきれませんでしたが、機会があれば是非に!


2011年度アカデミー賞外国語映画賞部門へフランスから出品された作品のようです。

uniFrance filmsサイトの中での「Declaration of War」の紹介ページはコチラ↓
(http://japan.unifrance.org/映画/31978/declaration-of-war#synopsis)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画感想
genre : 映画

1911

飛行機の中で観た映画、その3。
中国語+英語字幕、という状態でした。。。


去年は辛亥革命から100周年。
中国の民主化を夢みた孫文が起こした革命によって、皇帝政治に幕を下ろした。

その孫文の右腕である黄興をジャッキー・チェンが演じている。
1911.jpg


血で血を洗う革命が何故必要だったのか?
イギリスを始めとするヨーロッパの列強諸国に対して、アジアの中で中国はどう立ち向かっていこうとしていたのか?

戦闘シーンは多いものの、辛亥革命そのものの意義が上手く伝わってこないのが残念。
ジャッキーらしいカンフーによる戦いは1箇所のみ。


皇帝支配下にいれば民主化は正しい道のように見えるが、結局利権を手に入れた者たちは腐っていくのが政治の運命。
歴史は繰り返される。

政治家の皆さんには、国家・国民の繁栄と安寧を願う理想をいつまでも持ち続けていただきたいものである。

映画「1911」の公式サイトはコチラ↓
(http://www.1911-movie.jp/)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画感想
genre : 映画

MONEYBALL(マネーボール)

この作品も米国出張へ行く時の飛行機の中で鑑賞。


弱小貧乏球団アスレチックスのGMであるビリーが、数字とデータ分析に強いイェール大学経済学部卒のピーターと共に、常識破りの理論でチームを勝利に導いていく。。。
moneyball_wp_03_standard.jpg


野球が好きな人は見ていて面白いが、野球を知らない人だと、おそらくさっぱり理解できない内容。
ブラッド・ピットの格好良さだけ楽しむしかない。


金持ち球団であるヤンキースやレッドソックスはトレードで大金を払って有能な選手達を集めることができる。
しかし、ビリーのチームには資金がないので、創意工夫し意外な選手起用や作戦を実行していく。
実話に基づくストーリーだけに勝利を重ねていく爽快感はあるが、まぁ野球好き向けの映画です。

野球好きな人にはオススメ♪

映画「マネーボール」の公式サイト(日本語)はコチラ↓
(http://www.moneyball.jp/)

映画「MONEYBALL」の公式サイト(英語)はコチラ↓
(http://www.moneyball-movie.com/)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画感想
genre : 映画

REAL STEEL(リアル・スティール)

先週、米国出張に行く飛行機の中で観た映画。言葉に慣れるため、英語+英語字幕で鑑賞。


最近のロボット系映画は当たりが多いですが、これもその一つ。とにかく面白い♪
rs-wp-640-006.jpg


近未来のロボットによるロッキーって感じ。老いぼれたボクサーが最強の敵に立ち向かう。
ダメ親父と天才少年。ありふれたストーリーだけど、ロボットの動きが妙にリアルで、Boxing Fightは手に汗握ってしまう。

ロボットの改良プログラミングをしてしまう天才少年・マックスを演じたダコタ・ゴヨ君が最高に可愛い。これからきっと活躍するでしょうね。

旧型ロボットであるATOMも日本製ロボットであるNOISY BOYもカッコいい!
本当に1台買いたくなってしまう。

その内に、このような世の中は本当に来るのだろうか。
これだけ高性能なロボットを人智を超えた効率的な生産活動に役立てる訳ではなく、ただ単に格闘技に使ってしまう無駄さがいかにもリアルである。

古代から続いている勝負や賭けは、人間の本能なのでしょうね。

まだ観ていない方は是非♪
rs-wp-640-010.jpg


映画「リアル・スティール」の公式サイト(日本語)はコチラ↓
(http://disney-studio.jp/movies/realsteel/)

映画「REAL STEEL」の公式サイト(英語)はコチラ↓
(http://steelgetsreal.com/)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画感想
genre : 映画

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<12 | 2012/01 | 02>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。