スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『楊令伝 八 箭激の章』(北方謙三著 集英社文庫)

いよいよ始まった本体同士の激突。
宋国禁軍の童貫は梁山泊の懐に飛び込み、陣を構えた。梁山泊軍も軍隊の配置をし直す。

梁山泊内の歴亭では、劉光世・張俊が率いる宋軍に花飛麟・扈三娘の軍隊がぶつかった。。。


激戦の末、次から次へと両軍将校たちが死んでいく。

つかの間の休息の時の頭領・楊令と九紋竜史進の会話。

史進「俺は、生き延びすぎているな、楊令殿」

楊令「いつ死んでも、構わん。せいぜい、華々しく、九紋竜の死に方をすればいい。
ただ、俺の思いを言うと、死なないで貰いたい。なにがあっても、生き延びて、また会いたいと思う」

こみあげてくる涙をこらえるため、瞬きをくり返す史進。


心の内側を素直に打ち明けられるようになった楊令。完全に大将の器が備わった、と感じられる。

宋禁軍・童貫はまだまだ強い。

「志」によって、腐敗した国家を打ち倒すことができるのか、この先が楽しみだ。


「北方謙三 水滸伝×楊令伝」公式サイトはコチラ↓
(http://www.shueisha.co.jp/suiko-yourei/)



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

青梅マラソン

ランナーの皆さん、お疲れ様でした。今日は天気が良かったですね。

今年は花粉の飛散も遅く、風も弱かったので、走りやすかったのでは!?


ところで、今年はジュニアロードレースのボランティア・スタッフとしてお手伝いをさせていただきました。
特別なハプニングもなく、無事終了できたのが何よりです。


お手伝い終了後、お弁当を食べて帰る時、ちょうど30Kmのゴールの時間でした。

これは見るべ!とフィニッシュの瞬間を撮影!!
002-1.jpg

が、、、ご覧のとおり、シャッターチャンスを逃す、非常に残念な写真になってしまいました。(泣)

右端に写っているNo.15の上下緑色のウェアを着ているのがトップの選手。トップでフィニッシュテープを切るのって気持ちいいのでしょうね~。
ちなみに、今年の優勝者はJR東日本の田村英晃選手でした。2位と2分の差をつけて、ぶっりぎり独走での優勝でしたよ♪

来年の第47回大会は、2013年2月17日(日)に決定したそうです!


「青梅マラソン」の公式サイトはコチラ↓
(http://www.ohme-marathon.jp/)

P.S.青梅にもゆるキャラがあったなんて知りませんでした~。その名も「おうめくん」。。。ひねりZERO。

おうめくん



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : マラソン
genre : スポーツ

『「自分の家で死にたい」と言われたら読む本』(関屋利治著 中経出版)

「言うことなし、ありがとう」

冒頭に書かれている関屋さんのお父様の最後の言葉で始まる本書。
お父様もご家族もみんな満足のいく幸せな最期を過ごせたことが伺える。

家族に看取られながら自宅で息を引き取ることができた。本人の意思を尊重し、在宅ホスピスという道を選択したのだ。

自宅で介護というと、どうしてもハードルが高いイメージがあり、加えてお金と緊急時の面で不安が残る。
その辺りについて、関屋さんはご自身の経験をもとに、人的・金銭的サポートの手段や行政サービス、そして医師やケアマネージャーとのコミュニケーション手段を優しさが溢れる文章で具体的に教えてくれる。


昨年の夏、私の母がクモ膜下出血で倒れた。現在もリハビリ病院に入院中で、恐らく要介護3か4のレベルである。
遠くない将来、いつまでもリハビリ病院にいれないだろうから、自宅に帰ってくる時が来る。その時は父一人で面倒を見なければならない。長期的に、訪問診療やリハビリ、介護保険を受けるだろうから、それらの知識はかなり勉強になった。


さて、自分の命の限りを告知された時、私ならどうするか。
基本的に病院嫌いで根性なしだから、自宅療養を希望するかもしれない。延命治療は拒否するであろう。

でも、自分の死について深く考えたことは少ない。
一つだけあるのは、臓器提供意思表示カードを常に財布の中に入れており、妻とも話をしてある。

「使えるものは全部使って」と。

最期は、関屋さんのお父様のように納得して死にたいな、と思う。


P.S. 著者の関屋利治さんとは、「人と組織の悩みが嘘のように晴れるコラム」でお馴染みの株式会社フェイスホールディングス代表取締役社長の小倉広さんが主宰する私塾「人間塾」で知り合いました。

著者・関屋利治さんのブログ「いつでも途上人・・・自分の足で一歩ずつ」はコチラ↓
(http://ameblo.jp/ones1/)

著者・関屋利治が代表を務める株式会社ワンズワンの公式サイトはコチラ↓
(http://ワンズワン.biz/)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

『真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ』(大沼紀子著 ポプラ文庫)

深夜11時から早朝5時まで、真夜中だけ開いている不思議なパン屋さん。
そこで働く不思議な3人の組み合わせ。オーナーの暮林陽介。パン職人の柳弘基。そして、女子高校生の篠崎希実。

オーナーの暮林は元海外勤務のサラリーマンだったが、半年前に妻・美和子を事故で亡くしてしまった。その妻が開こうとしていたパン屋さんを営んでいる。希実は美和子の腹違いの妹。結婚前に製パン学校に通っていた美和子は、弘基の家庭教師をしていた。弘基はその頃から美和子に恋焦がれ、美和子に認めて貰うためにフランスに渡りパン作りの修行を積んだ。


人に言えない過去があり、辛い思いをしてきたパン屋さん。
だからこそ、優しさと愛に包まれている。

不思議なパン屋さんには不思議なお客さんが訪れる。

「おいしいもんを食べると、人はうっかり笑ってまうやろ?そういうパンをたくさん作りたいんや」

「パンは、特別な日の食べもんやのうて、毎日食べるもやでな。
 うまいパンで、毎日笑うことが出来たら、そんなお得な人生はないやろと思っとるんや」

美味しいパンを食べたくなったら是非読んでみて!

著者・大沼紀子さんのツイッターのアカウントはコチラ↓
(http://twitter.com/oonumanoriko)

アレルギーを気にせず美味しいパンを食べたい人にオススメ。
天然酵母パンの「happy DELI」さんの公式サイトはコチラ↓
(http://www.happydeli.jp/)
美味しいですよ~♪ 武蔵境にお店もあるのでお近くの方は是非♪



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

『ランナー』(あさのあつこ著 幻冬舎文庫)

高校2年生の加納碧李(あおい・男)。1年生の3月までは、東部第一高校陸上部の長距離の選手だった。

父の弟である叔父夫婦の結婚記念日に、両親は姪の杏樹(8か月)を預かる。
弟夫婦の交通事故により即死。彼らに、赤ちゃんを預かるから、と促したのは母であった。
両親は姪を引き取るが、深い懺悔と責任に苛まれる。そして離婚。

その杏樹を溺愛した母。ある時、碧李は杏樹の体に痣を見つける。
妹の杏樹を母の虐待から守るため、そして母に虐待をさせないために、部活をやめたのであった。。。


あさのあつこさんの爽やかなスポーツ小説かと思いきや、お母さんによる児童虐待の話。
妹が絶対的な信頼を寄せる兄。まだ17歳の少年に重くのしかかる。

しかし、碧李が部活をやめた理由は妹だけではない。レースに負けてから逃げ出していたのだ。

自分と向き合わざるを得ない母と息子。

「逃げたままじゃなく、目を逸らしたままじゃなく、もう一度走るのだと決めた。おれが決めたんだ。」

誰かに指示されるのではない。自分で決めることの大切さ。不器用だけど少しずつ動き始める。


再び何かをスタートする決意が必要な人にオススメの本です!



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

高尾山 登山 その②

先週末の土曜日に、娘と行った高尾山の続きです。

高尾山の山頂まで行くには、薬王院のご本堂からご本社へ抜けて、奥の院まで階段を上った後、さらに15分~20分ぐらい歩きます。

まずは、ご本堂。全てのお社に立ち止って、お参りして行きます。
⑪ご本堂
「息子が勉強するようになったのも見守っていいただいたおかげです。ありがとうございます。」と。

次に、ご本社。ここまでも階段がたくさんあります。
⑫ご本社
「母の命を救ってくれて、ありがとうございました。本当に良かった。」と。

そして、奥の院。この先は地面がぬかるんでいました。夜間凍っていた地面が暖かな日差しで溶けたのでしょう。
⑬奥の院
奥の院まではアスファルトやコンクリートで固められた道ですが、その先は山頂まで整備された土の山道になります。

ようやく山頂!
登り始めが遅かったのと、娘とゆっくり歩いたので、午後2時を過ぎちゃいました。。。

二等三角点があります。
⑭二等三角点

そして、期待の富士山は、、、残念。雲に隠れて見えませんでした。
でも、よく晴れた空に丹沢山系が綺麗に見えました。
⑮山頂から富士山方面

山頂にある「大見晴亭」で昼食タイム♪

まずは、山菜の盛り合わせ!
ピリリと辛みも効いていて絶品です。
⑯山菜の盛り合わせ

そして、お目当ての「とろろ蕎麦」。手打ち蕎麦で、やや太麺です。
とろろにかかっている青海苔が良い香りを出しています。スープを飲んで体を温めます。
⑰大見晴亭のとろろ蕎麦
寒い冬に温かい蕎麦。美味しいですね~♪

午後2時を過ぎると急に冷えてきます。
帰りはひたすら1号路を下ります。昨年の台風の影響で、通れない道もあるようでした。

麓に到着して、京王線高尾山口駅に向かう途中に、、、
ありました、ありました。娘の大好物。川魚が大好きなのです。
⑱川魚 焼いてます

私は岩魚。娘は鮎をいただきました♪
疲れた体に塩分はGoodです。もちろん、身がたっぷりついた岩魚も最高です。
⑲岩魚

高校受験を控えている息子への「合格祈願のお守り」はちゃんとご本社で購入しました。

これで合格間違いなし!?

「高尾山公式ホームページ」はコチラ↓
(http://www.takaotozan.co.jp/)

京王グループ恒例の「高尾山の冬そばキャンペーン」はコチラ↓
(http://www.keio.co.jp/campaign/soba2012/)
割引券もありますよ!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 登山
genre : スポーツ

高尾山 登山 その①

土曜日は天気が良かったですね~。
朝起きて小4の娘と相談し、高尾山に登ってきました!

目的は、高校受験をする中3の息子に合格祈願のお守りを買ってくるため。

電車を乗り継いで京王線高尾山口駅へ。
①京王線高尾山口駅
気温はあまり高くなかったのですが、快晴だったので観光客がたくさんいました。

登山口からケーブルカーを使わずに、1号路を登ります。
(ちょうど、昼12時に麓を出発しました)
②登山口(1号路)

一汗かいたところにある展望台の金比羅台。
新宿方面の向こうにスカイツリーが見えました!(写真だと分からないかな?)
③金比羅台から新宿・スカイツリー方面

金毘羅社で道中の安全を祈願します。
④金毘羅社

蛸杉とよばれる大きな杉が参道沿いにあります。根の形が蛸の足みたい♪
⑤蛸杉

隣には「開運ひっぱり蛸」のモニュメントが。
これはおふざけではなく、蛸杉を触る観光客の手のばい菌で木が傷んでしまうのを防ぐためのようです。
⑥開運ひっぱり蛸
皆さん、触るならコチラを!

杉木立の間を通る参道をゆっくりと歩いていきます。
⑦参道

途中に掲示されていた「十善戒」。分かり易い解説が書かれています。
⑧十善戒

四天王門をくぐると、天狗の像が。。。
⑨四天王門

娘が一言、「本当に天狗っていたの?」。。。
⑩天狗

いるらしいよ。神隠しって知ってる?千と千尋の神隠しって映画があったでしょ?千尋みたいに突然いなくなる人がいたみたい。

「昔の人は、それを天狗の仕業だと思っていたらしいよ」と低い声で伝えて、少しだけビビらせる。

いいんです。世の中に人智を超えた怖い存在がある、ということを知っておくのは。


その②へ続く。。。


ところで、高尾山はパワースポットと言われますが、一番パワーを受けたのは行き交う人から。
観光地化した高尾山だとすれ違う人と「こんにちは」の挨拶をする人が少ないですね。

そこで、娘と2人ですれ違う人達全員に「こんにちは!」と声をかけました。

もちろん、中には挨拶してくれない人もいます。
でも圧倒的に挨拶を返してくれる人の方が多い。特にちきんと登山の格好をしている人達から。

「頑張ってるね~。」「お父さんと一緒でいいね~。」「後少しだよ~。」

いろんな人から励ましの声をいただいたので、娘もかなりパワーを貰ったみたい。

大自然のパワーもありますが、すれ違う人達からのパワーを実感しました!
(自分から挨拶しないとダメですよん♪)

「高尾山公式ホームページ」はコチラ↓
(http://www.takaotozan.co.jp/)

京王グループ恒例の「高尾山の冬そばキャンペーン」はコチラ↓
(http://www.keio.co.jp/campaign/soba2012/)
割引券もありますよ!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 登山
genre : スポーツ

検索キーワード♪

このブログにはアクセスカウンターを見えるようにはしておりませんが、一応アクセス解析はしております。

特定の読者層を意識して書いていないので締まりのない記事が多いですが、それでも平均すると毎月1,000~1,500のユニークアクセス数。多い時は2,000~3,000/月。トータルアクセスは約1.5倍。
単純計算では、訪問していただいた2人に1人は別のページも見ていってくれているようです。ありがたいですね。

また、どんなキーワードで検索して、このブログや記事に辿り着いたのか、というのも分かります。

その検索キーワードを眺めていると、このブログの読者がなんとなく推測できます。
本の読書感想文に関する検索が多いので、読書感想文を書かなければいけない学生が多い感じです。
特に、夏休みや冬休みはアクセス数が増加しますので、分かり易いです。


時々、面白いキーワードで検索し、意図せずこのとにーのブログに辿り着く方もいるようです。

ということで、2012年1月のアクセス解析記録から勝手にベスト5を選んでみました!


<気になった検索キーワード ベスト5>

第一位「グンちゃんブログ」
おそらく、韓流スターのチャン・グンソクさんのブログをお探しだったのでしょうが、残念ながらとにーは甘いマスクではありません。

第二位「斑尾 運転 大型 コツ」
すみません。大型免許は持ってないです。。。雪道は気を付けてっ!

第三位「愛妻への誕生日プレゼント」
もちろん毎年購入しておりますので、良かったら参考にしてください。外したことは、ありません。

第四位「千葉県庁庁舎敷地面積」
確かに千葉県庁を訪庁した記事がありますが、敷地面積までは。。。県庁のホームページでご確認いただければと思います。

第五位「ふくらはぎ 肉離れ 音」
プチって音がします。


番外編「とにーのブログ」
1月1日元旦に検索してくれた方がいます。ありがとうございます。
ただ、とにーは長野の実家に帰省中だったため、ブログ更新できておりませんでした。申し訳ございません。


いつも稚拙な文章で申し訳ございません。読者の皆様に、心から感謝しております。
これからも応援よろしくお願いします!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : つぶやき
genre : ブログ

ペントハウス

コメディ王のエディ・マーフィとナイトミュージアムの主人公のベン・スティラーが出演している、と聞いたら誰もがハチャメチャな痛快コメディを想像するのでは?

何も考えずにお腹の底から笑わせていただきましょう、と意気込んで観てきました。


映画のタイトルであるペントハウスとは最上階のこと。そしてこの映画の原題は「Tower Heist」。
Towerは高層マンションを指し、Heistは強盗を意味します。

これでストーリーは何となく想像できてしまいますよね。

1280.jpg

結論から申しますと、大笑いを期待し、意気込んで観に行くのは控えた方がいいかもしれません。

随所に笑いが散りばめられているのですが、昔ほど2人とも面白くないのです。ストーリーもよくあるパターン。


「笑いの不完全燃焼」

と言えます。

ただ、FBIの女性捜査官クレア役のティア・レオーニの泥酔ぶりは魅力的でした♪

高層マンションの最上階が強盗の舞台となるので、高所恐怖症の方は映像を観ない方が良いです。
やはり高いところからの映像は怖いです。。。


安心してください。ここまで酷評しておけば、楽しく鑑賞できると思いますよ!
(要するに、笑いと期待のハードルを思いっきり下げてから観てくださいね、ということです)

映画「ペントハウス」の公式サイトはコチラ↓
(http://penthouse-movie.com/)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

theme : 映画感想
genre : 映画

『口下手でもできる! 人の心を打つトーク術』(水野浩志著 梧桐書院)

『1回3分でレベルアップ!相手の心を掴むトーク術』というメールマガジンを毎日配信している水野浩志さんが書いた本。
著者のメルマガは、笑いあり涙ありでなかなか面白く、心を揺さぶられるメッセージングが多いのが特徴。

スピーキングのコツを分かり易い事例を用いて紹介されている。
心を動かすトーク・コミュニケーションが上手いオバマ大統領やマイケル・サンデル氏についても分析されている。

「説得力のある話し方」を求めてしまうことこそが、人を説得できない一番の原因。

説得しよう、と心構えたって、聞き手は説得されたいなんて思っていない。
ここに、そもそものコミュニケーションにおけるずれがある。


ナルホドっと膝を打ちたくなること、それは「聞き手として雰囲気を盛り上げよ」ということ。

<気持ちよくしゃべらせるための三つのポイント>
① 話している人の顔を、笑顔で見る。
② うなずきやあいづちはこまめに。
③ 声を出して笑う。

早速、これを意識している。
100名ぐらいいる講演会の会場でも、スピーチする人がこちらを向いて話しかけてくれる確率がグンと上がった。
聴いてくれている人を見てしまうのは、自然の摂理ですよね。

有名な人・著名な人が、私の目を見て語りかけてくれる。それだけで、ハラオチ度は格段に向上します。

自分への次なる課題は家族。
妻や子供の話を①~③で聴けるようにしないと。


本書ももちろん役に立ちますが、メルマガも面白いのでオススメですよ。

「株式会社マイルストーン」の公式サイトはコチラ↓
(http://sp.m-stn.com/)
メルマガの登録もこちらからできますよ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

続きを読む

theme : お勧めの一冊!
genre : ビジネス

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<01 | 2012/02 | 03>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。