スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の中のあなた

いろいろ思うことはありましたが、深く考えさせられるストーリーで、総じて良かった作品でした。

白血病を患っている姉ケイトを救うため、消防士である夫ブライアン(ジェイソン・パトリック)と元弁護士の妻サラ(キャメロン・ディアス)は妹アナをドナーとして産み育てることにした。
両親はケイトの治療のため、アナが幼少の頃から骨髄液や血液の提供を続けてきた。しかし、アナはこれ以上ドナーとして自分の体にメスを入れることを拒否するが、サラは聞き入れてくれない。
アナは、勝率91%の敏腕弁護士であるキャンベル(アレック・ボールドウィン)に相談を持ちかけ、両親に強要されるドナーとしての医療行為を自分の意思で拒否するため両親を相手に訴訟を起こす。。。

決して楽しい内容ではありません。不治の病に冒された子供、病気の子供を持つ両親・弟妹の苦悩、、、ただただ、ツライです。
サラはケイトの病気を治すことに必死であり、それがケイトに対する深い深い愛情であり、そのために家族が協力することは当然のことと信じて疑わない。だから、妹が姉を助けるために臓器提供することは当たり前のことだと。しかし、余りにもケイトの病気の事だけしか見えなくなり、周りのことが見えない状態に陥ってしまう。

どんな事情があったにせよ、メスを入れられる妹の気持ちを考えずにドナーを強制してしまうことは間違いかもしれない。

本人が満足していなく病気に負けてしまうことが悔しくてたまらないけど、それでも幸せだったと思える人生であれば、親としてそれを受け入れてあげられるようになりたいと思う。

なお、本作品では敏腕弁護士と主治医がいい味を出しています。
アレック・ボールドウィンは本当に渋くて格好良い俳優ですね。

泣けてしまう場面が多数ありますので、ハンカチの準備は忘れずに!

「私の中のあなた」の公式サイトはコチラ↓
(http://watashino.gaga.ne.jp/)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

TREview
関連記事
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私の中のあなた 【病人を 支える家族の 思い思い】

『私の中のあなた』 MY SISTER'S KEEPER 2009年・アメリカ ジョディ・ピコーの小説をニック・カサベテスが映画化。  監督は『ジョンQ-最後の決断...

『私の中のあなた』

□作品オフィシャルサイト 「私の中のあなた」□監督・脚本 ニック・カサヴェテス □原作 ジョディ・ピコー □キャスト キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック ソフィア・ヴァジリーヴァ、トーマス・デッ...

私の中のあなた

2009年11月4日(水) 19:45~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『私の中のあなた』公式サイト フリーパス鑑賞6本目。 泣くつもりで行ったんだけど、泣けなかった。 キャメロン・ディアス演じる母親のキャラ...

276)私の中のあなた

白血病の姉のドナーとして生まれてきた妹が、姉への臓器提供を拒んで母親と対決するがそれにはある理由が・・・「私の中のあなた」。その母親役を演じるキャメロン・ディアスの役柄は? 1)元看護士 2)元弁護士 3)元検事 4)元電話交換士 正解は次号にて。。 by織田 拳

私の中のあなた

JUGEMテーマ:映画以前から「これは泣けるー!」と気になっていた『私の中のあなた』キャメロン・ディアスもアビゲイル・ブレスリンも好きなので見に行ってきました。白血病の姉ケイトのドナーとして、遺伝子操作のうえで生まれてきたアナ。生まれてから何度も姉の治療の

私の中のあなた

 『「きみに読む物語」のニック・カサヴェテス監督が贈る 希望と感動の物語に、この秋あなた史上最高の涙が落ちる─!』  コチラの「私の中のあなた」は、ジョディ・ピコ―の世界中を涙で包んだ空前のベストセラー小説「わたしのなかのあなた」を映画化した10/9公開の...

私の中のあなた

生きる権利と死ぬ権利。論議が絶えない難しい問題だ。人生をまだ十分に生きていない、年若い人間の問題となると、なおさらである。映画は、医学や倫理、法律も交えて描きながら、社会派に傾かず、あくまでも家族ドラマとして進んでいく。11歳の少女アナは、白血病の姉ケイ...

『私の中のあなた』

(原題:My Sister's Keeper) 「いやあ、これは実に話しにくい映画だ。 観れば途中から想像がつくとはいえ、どこから喋っていいのやら」 ----う~ん。どういうこと? そんなに喋りにくいんだったら、フォーンの方から聞いちゃおうかな。 これはキャメロン・ディアスが初...

コメントの投稿

Secret

(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪

この映画気になっていたんです
なので、レビューが読めてよかったです

その下の本も読んだ本でしたョ(≡^∇^≡)
読む本が似ている気がします

また、寄りますね^^ 

sakuraさんへ

コメントありがとうございます&訪問ありがとうございます!
映画レビューお読みいただき、ありがとうございました。

そうですね、読む本が似ていますね。。。オススメの本がありましたら、是非教えてくださいね♪

では、またブログにお邪魔させていただきます。

こんばんは!
「私のなかのあなた」は、評判が良いようですね^^
私は未見なんですが、新作DVDがレンタルされたら、必ず見てみようかと思います。
それまで、レビューは読まずにいますね^^

それでは、応援凸
また、お邪魔します^^

ぴーちさんへ

コメントありがとうございます!昨日、お返事を書いたのですが、アップされていなかったようです。。。
申し訳ありません。

> 「私のなかのあなた」は、評判が良いようですね^^

病との付き合い方について深く考えさせてくれる映画でした。是非、ご覧くださいね。

いつも応援ありがとうございます!
ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<03 | 2017/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。