スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ストロベリーナイト」(誉田哲也著 光文社文庫)

かなりグロい! けど、面白い!

主人公は警視庁捜査一課殺人犯捜査係主任警部補の姫川玲子。水元公園近くの金町でビニールシートにくるまれた変死体が発見される。それは単なる殺人事件ではなく、次から次へと同様の変死体が。。。

殺人の場面や死体の描写は読んでいても気持ち悪くなるぐらいだが、私自信がこの主人公が率いる捜査チームの一員となってどんどんストーリーにのめり込んでいった。

特に、犬猿の仲である別の主任警部補・日下や、情報戦のプロ集団である勝俣警部補、亀有署の井岡巡査長、などなど姫川警部補を取り巻く人物は非常にバラエティー溢れるキャラクターであり、現実の警察組織がどうなのか知らないがあながち外れていないのでは?と感じてしまう。

刑事小説が好きなら是非一度は読んで下さい。でも、グロいシーンにはご注意を!

関連記事
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

誉田哲也の『ストロベリーナイト』

13冊目、読み終わりました誉田哲也の『ストロベリーナイト』。 ストロベリーナイトという甘いタイトルだけと、内容はハードです(笑) 溜め池近くの植え込みからビニールシートに包まれた死体が発見される。捜査を始めた警部補の姫川玲子は、今回の殺人は、連続殺人では...

コメントの投稿

Secret

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。