スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「謀将 真田昌幸 上・下」(南原幹雄著 徳間文庫)

真田幸村は勇猛な戦国武将としてご存知の方も多いかもしれません。最近は戦国武将ブームに乗って、十文字槍を携えた格好良い姿が描かれていますね。

この本は、その父である真田昌幸の話がメイン。

田舎の小豪族が滅びることなく、群雄割拠の戦国の世を、武田・上杉・北条・徳川らの大名達に囲まれながらいかに生き抜いてきたのか、が描かれている。

「小よく大を制す」とはよく言ったもので、真田昌幸は得意の調略・謀略を駆使し、上田城で2度に渡り徳川軍に勝利している。関が原の戦いでは、石田三成側についたため息子の幸村と共に紀州高野山に配流されるが、その後大阪冬の陣・夏の陣で真田幸村が獅子奮迅の大活躍をする。

皆さんは、大阪冬の陣・夏の陣の布陣を見たことありますか?真田幸村(信繁)だけ、敵陣の目の前に飛び出した形で立ちはだかっています。

ちなみに、真田家の旗印は「六文銭」。死者を葬る時に棺に入れる六文の銭。三途の川の渡し銭である。それは「不惜身命」、即ちいつでも命を捨てられる覚悟で全力で立ち向かう覚悟を表している。
この「不惜身命」の言葉は、当時の大関・貴乃花が横綱に昇進するときの口上でも使われていました。

小気味良い真田軍の活躍が書かれている本書、何回読んでも好きですね~!
是非、読んでみてください。



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ

ちなみに、居城であった上田城。桜がとても綺麗ですよ♪
関連記事
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。