スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内紛勃発

どうやら私が所属しているサッカーチームのコーチ陣の中で、内紛が勃発してしまったようだ。当人達は指導方針の違いと言うが、どうやら自分の子供がチームにいる親コーチと子供が所属していない外部コーチとの間の軋轢のようだ。(私は子供が卒団してしまったから、外部コーチになるのかな?)

そんな中、1人の外部コーチが辞めてしまった。昨年、非常にお世話になったコーチであり、個人的に尊敬していたコーチである。彼自身、非常に強い信念を持ち、チーム全体の底上げを常に考えている奉仕の人である。

一方、親コーチも一生懸命やっていると思う。毎週土曜日に練習に参加して、日曜日の練習試合や公式戦をこなしながら。ただ、元親コーチとして言えることは、熱意だけで一生懸命やっても子供達のサッカーが上達する訳ではない。

子供達の現在のレベルを冷静且つ客観的に把握(現状認識)し、将来あるべき姿やレベルを見据え(目標設定)、そこに到達するには何が足りなくて何を伸ばせば良いのかを見極め(課題抽出)、どうしたらその課題を無くすことができるのかを考え(具体的方法論)、分かりやすく子供達に伝え・教えて(共有化&トレーニング)、実際にプレーさせる(実践・経験)。そして、良かった点・悪かった点を体感・理解させ(フィードバック)、新たな目標を定める(次なるステップへの飛躍)。

仕事では当たり前のようにやっていることが、いざスポーツを教えるとなったらできていない親コーチが多いように感じてしまう。サラリーマンの方が多いから、こんな簡単なこと分かっているはずなのにと思ってしまうのは私だけでしょうか?

もちろん、上記を実践するのは本当に難しい。特にサッカー未経験者の場合は、現状認識や目標設定があまりにも的外れになる場合がある。また、方法論も市販の本やDVD、強豪チームの真似ばかりを取り入れてしまい、実際の子供達に合わない内容になってしまう傾向にある。だからこそ、コーチ経験の長い人や外部コーチからのアドバイスや理論を知ることは非常に重要だと思う。全てを迎合しろとは言わないし、既にすたれた手法かもしれない。ただ、その練習メニューの目的や考え方を知っているのと知らないのでは子供達の成長に大きく影響を与えるのではないだろうか?

広義でのコーチ陣の目的は一緒なのだから、お互いを尊重し、十分に話し合い、子供達と楽しくサッカーをして成長していきませんか?
関連記事
スポンサーサイト

theme : 少年サッカー
genre : スポーツ

コメントの投稿

Secret

こんにちは、幸せトイレです。足跡が有りましたので、早速コメントさせて戴きました。

私も一年ぐらい当時小学3年生~1年生30人ほどを指導しておりました。時には人で30人を指導することも。

ここで言う外部コーチになります。当時、指導方針で大切にしていたことは『小学生の段階で結果を求めない事』を大切にしておりました。

コーチの子供達に対するサッカーの情熱は必要
でしょうが、子供達の上達にあった練習方法を専属コーチが考える必要がありますねー。いつも練習内容を考えておりましたが、大変でした。

また、お邪魔します。

幸せトイレさんへ

コメントありがとうございます。

30人をご指導されていたのですか?凄いですね!

自分の息子には「結果」を求めすぎたのかもしれません。なので、今は「結果」というよりも、「サッカーを好き」になって欲しいです。

仰る通り、子供達の上達にあった練習方法って大事ですが、いつも四苦八苦しています。。。ただ、最後まであきらめない練習になるように少しずつ工夫をしています。

またブログ拝見させていただきますね。
ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。