スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『乾坤の夢 上』(津本陽著 徳間文庫)

戦国小説は好きな小説のジャンルの一つ。

本書は徳川家康の天下取りへの道程が描かれている。
上巻では、秀吉没後の朝鮮の役の引き上げから関ヶ原の戦いまで。戦国時代の歴史ではスポットライトの当たる一番有名な時。

パッと読み終わると思ったのだが、、、

なかなか読みづらい文章で全然前に進まない。恐らく、この作家の文章との相性の問題だと思う。

さて、武将としての徳川家康はやはり好きになれません。でも天下を奪取したのだから、強運もあったし優れていたはず。
奉行であった石田光成は今でいう官僚。血生臭い現場のぎりぎりの駆け引きを知らない官僚では、個性の強かった西軍の武将達の人心を掌握できなかったのであろう。

五大老の一人としての忠誠を尽くした上杉景勝や、豊臣秀吉にも認められていた真田昌幸など、西軍にも骨のある武将達がいた。

急いては事をし損じる。

関ヶ原の戦いでは、まさに石田光成が急ぎ過ぎたのかもしれない。

さて次は中巻。折角買ったのだから読むことにしよう。


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ
関連記事
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

私も戦国時代の話し好きなんですよ~
っていうか歴史が好きです~
でも、歴女ではありません~(笑)

やっぱり歴史を知るには本が一番ですよね。
大河ドラマも好きで観ていますけど、
ありえぇーんん!ってことが多すぎて
だんだんコメディに見えてきちゃいます。
だけど福山さまは素敵です(*^。^*)

いちごっ娘さんへ

コメントありがとうございます。

戦国時代、いいですよね~。やっぱり幕末よりも戦国時代に惹かれてしまいます♪
成り上がり物語(サクセス・ストーリー)が満載なので、飽きないのです。

最後に観た大河ドラマは、竹中直人の秀吉です。。。(泣)

福山さんの大河ドラマは面白いのでしょうか?一度ぐらい観てみようかな~。

乾坤一擲

「乾坤」って「乾坤一擲」の乾坤ですか?
私ね、先日司書の就職試験うけて
(意味なく資格持ってたんです)
この字の書き取りがでたんです。
無理ですよね>乾坤一擲

Re: 乾坤一擲

まなみさん、コメントありがとうございます。

凄いですね。乾坤一擲なんて漢字は書けません。(泣)

特に、乾坤一擲の「擲」という漢字が難しいですね。

徳川家康にとってはまさに乾坤一擲。関ヶ原の戦いは、のるかそるかの博打でした。
ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。