スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『あなたに逢えてよかった』(新堂冬樹著 角川文庫)

おいしい紅茶を、飲みに行きませんか?

紅茶専門店で働く夏陽へ純也からの初デートの誘い文句。純也は横浜にある病院で記憶障害の患者を相手に作業療法士として働いている。
しかし純也自身が記憶障害の病魔に侵され、次第に記憶を失っていく。。。


著者が過去に出した「忘れ雪」「ある愛の詩」という純愛小説に見事にヤラれてしまった私は、この作品でもヤラれてしまった。

純愛の王道であり、ベタであり、でもまんまとハマってしまう。そして最後には定番の号泣が待っている。このような純愛系は<白新堂>作品と呼ばれているらしい。

自分のことを分からなくなってしまうという、パートナーが少しずつ記憶を失っていく畏怖。でも夏陽の献身的な愛情に、同情と応援と憧憬が入り混じる。

美味しそうに食べたり飲んだりする描写が多いので、美味しさも味わえる作品です。

ところで、著者は全く異なる残虐な犯罪小説も出している。以前紹介した「摂氏零度の少女」など、こちらは黒新堂と呼ばれているようだ。

白新堂の純愛小説が好きな方は必読です♪



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ
関連記事
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。