スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『旅のいろ』(北方謙三著 講談社文庫)

聖子は男につくす女性である。
彼女とつきあう男性達は必ず事業が成功する。しかし、その男性達の結末には死か破滅が訪れる。
離婚相談から少しずつかかわった弁護士の風間は、段々と彼女に取り込まれて行く。。。


北方氏得意の暴力と性。
彼の描く暴力は内面を毀していくので心理的恐怖が大きい。
そしてマニアックな性描写。ちょっと好き嫌いが分かれるかもしれない。

普段生活している上では気付かない小さな欲望や衝動。それが北方氏の小説の中で具体化しているのかもしれない。

解説で池上冬樹氏は本書を「官能ハードボイルド」と表現している。

男と女の性と死を垣間見たい方は是非読んでみてください♪



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ
関連記事
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。