スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『両刃のメス』(大鐘稔彦著 朝日文庫)

『孤高のメス』や『緋色のメス』の著者が、6,000例以上の手術を経験した外科医として、医療への熱い想いを綴ったエッセイ集。

多くの救った命の裏には、自分の技術や知識の未熟さで失ってしまった命もある。それを包み隠さず、真摯に受け止め、より良い医療を提供するために努力を惜しまない。

どうすることが一番患者のためになるのか?
本当にメスを入れる必要のある症状だったのか?

虫垂炎の手術はもちろん多くの癌と戦ってきた著者。
「癌患者のゆりかごから墓場まで」をモットーに癌治療専門の病院を埼玉県に実際に設立した。

こんな医師がまだいるのか、と疑いたくなるくらいストイックな先生である。

その彼がメスを置く決断をするまで、現代の医療に蔓延る多くの問題を提供してくれる。

実際にその手で患者を救ったことがある医師にしか書けない本書。こういう医師と出会いたいものです。

医療に興味のある方は是非読んでみて下さいね!



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ
関連記事
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。