スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グラスホッパー」(伊坂幸太郎著 角川文庫)

裏社会で暗躍する会社「フロイライン」のドラ息子の危険運転により妻は死んだ。そのドラ息子は、「押し屋」と呼ばれる殺し屋によって車に轢かれて死んでしまう。

死んだ妻への復讐のため裏社会へ足を突っ込む「鈴木」、裏社会における自殺専門の殺し屋「鯨」、裏社会で殺人を請け負う非情のナイフ使い「蝉」。そして、いろんな場面で登場する「劇団」の存在。

こんな裏の世界が本当にあるのかは知らないが、昨今の凶悪事件のニュースを見るとリアルに感じてしまう。

人を殺すことに痛みを感じず、金さえ貰えれば仕事としてやりとげてしまう恐ろしい人間達には閉口するが、スピード感溢れる展開と意外な結末には楽しめる。

同じ著者が書いた「死神の精度」が面白かった人には、この本もオススメです。



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

TREview
関連記事
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<05 | 2017/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。