スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『崩れる』(貫井徳郎著 角川文庫)

副題は「結婚にまつわる八つの風景」。
背筋が少し寒くなる八つの短編集。

「崩れる」「怯える」「憑かれる」「追われる」「壊れる」「誘われる」「腐れる」「見られる」

タイトルだけ見ても怖いですね。。。

一番印象に残った作品は「腐れる」。

マンションに住む夫・惟文と妻・亮子。毎晩始まる隣の山村家の親子喧嘩。最近、ベランダに出ると生ゴミの臭いが気になるようになった。
鼻炎の夫は気にならないが、妊娠した亮子は臭いに非常に敏感になったようだが。。。


少しずつ恐怖を煽って、一瞬ホッと安心させて、最後に落とす。
古典的な物語展開なのかもしれませんが、十分怖い作品でした。

これから迎える暑い夏には最適かも!?

著者・貫井徳郎さんの公式サイト「He Wailed」はコチラ↓
(http://www.hi-ho.ne.jp/nukui/)



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ
関連記事
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。