スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『人体工場』(仙川環著 PHP文芸文庫)

大学5年生になった真柴徹は、親からの仕送りも止められてしまい、割がいい治験のバイトをした。後日の健康診断で尿中の蛋白が異常であることが分かった。その治験は腎臓病の薬の臨床試験だったはずだが、、、


昔からよくある話ですね。
製薬会社の闇治験で高額報酬が保証されていたが、実は体が蝕まれていた、という都市伝説に近いもの。

本書のタイトル通り「人体」を「工場」にする試みという設定はなかなか面白いですね。
もし、多くの人を救うことができる難病の特効薬を人間の体を用いて生成できる場合、それを是とすることは倫理的に間違っていないのか?

人としてやっていいことと、悪いこと。

ミステリーが好きな方ならストーリーが予測できてしまう点はありますが、それでも一気に読めてしまうぐらい次の展開が気になります。

世の中にごく一部の悪い業者はいるのかもしれませんが、ご存知の通り新薬が認可されるために臨床試験や治験とても重要なことです。全部を否定してしまうと新薬が世の中に出てきませんので、悪徳業者に引っかからないように自衛するしかないですね。

医療ミステリーが好きな方にはオススメの本です!

著者・仙川環さんのオフィシャルブログ「すべてが絵空事」はコチラ↓
(http://ameblo.jp/senkawa-tamaki/)



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ
関連記事
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<03 | 2017/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。