スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1911

飛行機の中で観た映画、その3。
中国語+英語字幕、という状態でした。。。


去年は辛亥革命から100周年。
中国の民主化を夢みた孫文が起こした革命によって、皇帝政治に幕を下ろした。

その孫文の右腕である黄興をジャッキー・チェンが演じている。
1911.jpg


血で血を洗う革命が何故必要だったのか?
イギリスを始めとするヨーロッパの列強諸国に対して、アジアの中で中国はどう立ち向かっていこうとしていたのか?

戦闘シーンは多いものの、辛亥革命そのものの意義が上手く伝わってこないのが残念。
ジャッキーらしいカンフーによる戦いは1箇所のみ。


皇帝支配下にいれば民主化は正しい道のように見えるが、結局利権を手に入れた者たちは腐っていくのが政治の運命。
歴史は繰り返される。

政治家の皆さんには、国家・国民の繁栄と安寧を願う理想をいつまでも持ち続けていただきたいものである。

映画「1911」の公式サイトはコチラ↓
(http://www.1911-movie.jp/)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

TREview
↑ついでにこちらも m(_ _)m

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ
関連記事
スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

コメントの投稿

Secret

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<06 | 2017/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。