スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予後

昨年の夏、くも膜下出血で倒れた母。
3か月以上の昏睡状態から回復し、現在はリハビリ専門病院へ転院した。

ただ、自分の体を自分の意思でほとんど動かせない。
手を少し上げられるぐらい。

寝たきりの状態となってしまった母。面会の度に小さく細くなっていく。


倒れたという一報を受けた時は、ただただ命さえ助かってくれれば良いと祈っていた。

一命を取り留め昏睡状態が続いていると、少しでもいいから目を開けて意思疎通がしたいと祈った。

意識が覚醒してくると、少しでも会話ができるようになれば良いと祈った。

リハビリが始まると、少しでも体が動くようになれば良いと祈った。

でも、動かない。


「ごめんなさい」「すみません」

謝るだけの母。


果たして、この現状を最善感で受け止められるか。

受け止めざるを得ないのだろうけど、正直今はまだ無理。遠い将来、そう思える時が来るかもしれないが。
今、最善だと言うには切なすぎるし、悲しすぎる。

でもね、あれだけ祈ったことが次々叶ってきたのは事実。
その事実に対しては、感謝の気持ちが大きい。

欲張りだね。でも、本音はもっと欲張りたい。
母なら乗り越えられるのでは?と期待してしまう。


一人で母の看病をしている父。

その父が私の妻に告げたらしい。

「もう歩くことはできない」と医師から宣言された、とのこと。

父は、私には言えなかったようだ。その気持ちは分かり過ぎるぐらい分かる。


一日2回、毎日必ず病院を訪れ母を看病し、リハビリに付き合い、洗濯物を持って帰る。
犬の世話も家事も全て父がやっている。

先日帰省した時、庭の植木が見事に全部枯れていた。
雪が溶けて暖かくなったら、庭を綺麗にしよう、と考えてる。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑応援よろしくです m(_ _)m

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

いつも読んでいただき、ありがとうございますにこ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。