スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「流れ星が消えないうちに」(橋本紡著 新潮文庫)

本山奈緒子(20歳)の最愛の恋人であった元・同級生の加地君は、1年半前に旅行中の海外で事故死した。ただ、彼が事故死した時、隣には別の女性がいた。。。

奈緒子は過去を忘れられないまま、現在は加地君の親友であった川嶋巧と付き合っている。
一方、川嶋も親友であった加地君の存在が忘れられない。

そんな若い2人が過去を受け入れ、新たな明日に向かって生きて行く覚悟を探し続ける物語である。


彼女にとっては元彼であり、彼氏にとっては親友であった、死んでもなお消化しきれない加地君の存在。
どうやって加地の存在を処理するのか、否定するのか、忘れるのか、それとも全てを受け入れるのか、2人の心の中で葛藤が続く。

2人とも分かっていることは、いつまでも加地の存在を引きずることはできず、いつか自分の中でケリをつける必要があるということだ。

若く、せつなく、悲しいけど、今を生きるための明るい希望に満ちているストーリー。

物語から描写される風景がすごく綺麗!まるで、目の前にその風景が広がっているように感じる。

純愛小説としてはかなり良いと思う。オススメの本です!



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

TREview
関連記事
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

気になりますね~

こんばんは!
あらすじを読ませて頂いて、とても気になりました~
小説の中に描かれている風景を、イメージするのは楽しいですね。ボクは(笑わないで下さい)片岡義男を昔よく読んでました。学生時代って、ああいうキザでシャレた感じに憧れがありました。

では、またです♪

Re: 気になりますね~

淀野弘さん、ご訪問&コメントありがとうございます!

片岡さんの作品は、私も昔読みました。若かりし頃ですが。。。

この本は、タイトルにもある通り、綺麗な星空と甘い青春時代(高校生活)を同時に思い描くことができますよ~♪
ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<03 | 2017/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。