スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「失格社員」(江上剛著 新潮文庫)

モーゼの十戒をベースに、サラリーマンが遵守すべき戒律が描かれている短編集である。

著者が銀行出身ということもあり、銀行が舞台の物語が多い。

それぞれ失笑あり苦笑いあり涙ありと楽しめる。少し現実離れしている感じもするが。


「お客のために、家族のために、そして自分のために働け。決して会社のために働くな。」

これは、この小説でキーワードとなっているフレーズである。
前半部分は同感。ただ、認識しておく必要があるのは、結果として「会社のため」になっていることである。従って、望む望まざるに関わらず、結果的には会社のために働いているし、会社のためになっていないのであればクビになるだけである。

だから、私は思う。
後半部分の「決して会社のために働くな。」という言葉をあえて口にする必要はないのでは。



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

TREview
関連記事
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<03 | 2017/04 | 05>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。