スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青の炎」(貴志祐介著 角川文庫)

高校生の櫛森秀一。彼は母と妹、そして自分を守るため、母の再婚相手であった曾根隆司の殺害を企てる。しかも完全犯罪で。。。

殺人しようとする者と、殺される者が冒頭から確定する小説。自分に罪がかかっては母と妹を守り通すことにならないため、慎重に完全犯罪となる殺害計画を企て実行する。

これで話が終わったら単なる殺人物語だが、完全犯罪はそう上手くいく訳がない。ましてや優秀な高校生が念入りにした計画であっても、捜査のベテランの刑事や検視官を欺くことは非常に難しい。

主人公である秀一に感情移入はできる部分はないが、どうしても殺人でしか片付けられない問題があることは本当に不幸である。しかも家庭内にその問題があっては生きていくことも辛いのかもしれない。

強い怒りの炎を鎮火させることができる「何か」があるか無いかが、殺人者への別れ道かもしれない。



にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

TREview
関連記事
スポンサーサイト

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

コメントの投稿

Secret

ランキング
プロフィール

とにー(Tony)

Author:とにー(Tony)
読書、グルメ、映画鑑賞、トレッキング、少年サッカー(コーチ)を趣味としている「とにー」のブログです。

コメント、リンク、TB、大歓迎です♪

最新記事
Basic Calendar
<04 | 2017/05 | 06>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お世話になっているサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。